本日、二回目の森の子ナーサリー入園説明会がありました!

 

 

 

森の子ナーサリーではモンテッソーリ教育を取り入れ、

お仕事という教具を使用した微細活動を行っていきます。

子どもがひたすらティッシュを取り出している行動、

これも実はモンテッソーリの中で敏感期と呼ばれる行動の1つなんです!

モンテッソーリ教育を取り入れながらも、

日々の中で子ども達と元気に楽しい毎日を過ごせるようにしていきたいと思います!!

 

1月18日(木)に高松の家1Fの子育てサロン陽だまりにて森の子ナーサリー入園説明会があり、15組のご家庭が参加してれださり和やかな雰囲気の中行われました。。

保育園の概要や入園までの流れ、持ち物などについてご説明させて頂きました。

お子様と一緒に足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

★追記(1/24)★

 

 

1月18日の入園説明会にてこのようなご質問をいただきました!

 

●質問●

 

Q1 使用したオムツの持ち帰りはありますか?

  A 園で処分するのでお持ち帰りはありません。

 

Q2 駐車場はありますか?

  A 送迎時のみ、フェローホームズの駐車場を数台使用できる予定となっております。

 

Q3 延長保育の回数の上限はありますか?

  A 回数の上限はありませんが、回数・時間によって料金が変わります。

 

Q4 延長保育では捕食がありますか?

  A あります。

 

Q5 法人職員とは?

  A 社会福祉法人恵比寿会で働いている職員のことです。

 

Q6 卒園後、森の子保育園に入園することは可能ですか?

  A 森の子保育園は認可園である為、入園希望の方は市への申請が必要となります。

 

Q7 森の子ナーサリーの園舎が完成してからの見学は可能ですか?

  A 3月以降から見学が可能となります。

 

 

 

●今後の入園説明会の日程について●

 

・2月3日(土)  10:00〜11:00

・2月8日(木)  10:00〜11:00

・2月22日(木) 14:00〜15:00

 

場所は高松の家1F陽だまりにて開催します!

ぜひご参加下さい!!

森の子ナーサリーが3月1日開園に向けて、

スタッフが集まり、準備が始動!

 

保育の先生たちは、

「一人ひとりの子どもの主体性を育み、

”自分でできた!”を大切にする保育」について、

研修をしました。

 

手をのばして、前にあるものをつかもうとしている子ども。

その子どもに、「はい」と欲しいものを予想して取ってあげることが、

親切な保育士であり、よい保育なのでしょうか?

 

取ってあげるのではなく、よく見守りながら、

自分で取れるように援助してあげるのが、

「森の子ナーサリー」が考える保育の方法です。

 

子どもの「取りたいという気持ち」が、主体性を育み、

「取れた!」という達成感は、すてきな笑顔となって、自信を育みます。

 

日々の生活のなかで、

小さいけれども、大切なことをしっかりと見つめながら、

子どもの気持ちや身体の成長や発達を、

保護者のみなさまといっしょに喜びながら、

保育をしていくことを楽しみにしています。

 

 

1